単位制普通科 神奈川県立三浦臨海高等学校

ホーム > 行事の記録

平成28年11月1日(火)「学校へ行こう週間:狩衣着付体験」

 今年度も「学校へ行こう週間」の取組の一つとして、古典の授業で「狩衣着付体験」を、「古典の日」である11月1日(火)に実施しました。 当日は、県立総合教育センターの方にご来校いただき、「平安時代の服飾」についての講義もあわせて聴講しました。 以下の掲載文は参加した生徒のコメントです。

○昔の人は着替えるのも大変だなと思いました。男性がこんなに大変なら、女性はもっと時間がかかるのかなと思いました。
○狩衣は、着る人よりも着せる人(衣紋者)の方が大変だということがわかった。
○当時の服飾職人の細やかさはすごい! 着た時に模様が合うことまでを考えた織り方をよく発案することができたと感心した。

狩衣
「狩衣」はどれだろう?

狩衣
「白衣」を着たら、その次は……。

狩衣
浅葱色の「指貫」って着丈の調整が難しい。

狩衣
萌黄色の「単衣」との組み合わせが綺麗!

狩衣
葡萄染の「狩衣」は両手全部の指を
使って持つのは、重い!!

狩衣
凜とした「殿」の立ち姿――。

このページのトップへ