単位制普通科 神奈川県立三浦臨海高等学校

ホーム > 特色 > 単位制について

単位制について

単位制とは何か?

単位制とは

 選んだ科目ごとの単位の修得を、いろいろな科目について3年間で積み重ねていき、 卒業時に修得単位数が合計で74単位以上あるかどうかで卒業を判定する制度です。

学年制とは

 学年制は、1年間の時間割にあるすべての科目を学習のまとまりとし、各学年の修了(進級)を繰り返すことによって単位を修得していく方式です。進級するには、その学年のすべての授業の単位の修得が必要です。原級留置(留年)という制度は、学年制に特有のものです。

単位認定

科目の履修と単位の修得
  • 履修とは
    「この授業を受けたい」との履修希望が認められ、年間授業回数の4分の3以上の授業に きちんと参加することにより「科目の履修」が認定されます。
    当然、欠席が多い場合は、その科目の「履修」は認められません。
  • 修得とは
    「履修」が認定された科目のうち、その「学習の成果」が、その科目の目標からみて 満足できると学校が認めた場合、「単位の修得」が認定されます。
    単位の認定は、その科目の授業がすべて終了した学期末に行われます。

単位が認定される授業等の種類
  1. 本校の授業時間割に組まれた教科科目等の授業すべて
  2. 本校が夏季休業中などに実施する短期集中講座
  3. 以下の学校外活動
    a) 校外講座(連携する大学・専門学校の講座の受講)
    b) 技能審査(検定試験合格や資格取得)
    c) ボランティア活動
    d) 就業体験活動(インターンシップ)
    e) スポーツ・文化活動

卒業が認められるには
  1. 高等学校の在籍期間が3年以上あること。
  2. 学習指導要領で定められた「必履修科目」の履修が認定されていること。
  3. 合計で74単位以上の単位を修得していること。
  4. ホームルーム活動、学校行事など特別活動の成果が十分であること。

このページのトップへ